]線ナノ集光技術研究会2015
「]線の波面を作る・測る - 分野横断的研究のフロンティア」

開催のお知らせ

研究会趣旨

X線の波面の計測・制御技術を飛躍的に発展させるには、これまでにないスケールで分野横断的に研究を推進していくことが不可欠である。本研究会では、そのような近い将来の展開を視野に入れて、X線光学、新材料研究、計算機・情報科学などの分野から最先端のトピックをご紹介いただく。

]線ナノ集光技術研究会 は、2009年に第一回日本放射光学会若手研究会として立ち上げられた。他の会議との差別化として、3つの目標、@分野横断的な議論、A学術成果発表よりも寧ろ将来の議論を重視、B若手研究者の将来に向けた新しいネットワークの構築、が掲げられた。第2回目を2011年に第24回日本放射光学会放射光科学合同シンポジウム内の企画講演の形で、第3回目を第12回]線結像光学シンポジウムのサテライトミーティングの形でそれぞれ開催し、今回に至る。

プログラム等その他の詳細についてはその都度このHPにアップしていく予定。

概要

日時:    2015年 10月31日(土) 13:00〜18:00 (技術交流会:18:00〜)
場所:    東京大学本郷キャンパス 工学部14号館142、143室

主催:    ]線ナノ集光技術研究会
協賛:    ERATO百生量子ビーム位相イメージングプロジェクト(JST)